月別アーカイブ: 2016年2月

【悲報】マラソン練習中UFOに攫われる

こんにちは〜、気分どんより小太郎です。

何があったのかと言うと、今年もUFOに攫われ東京マラソンに参加することができませんでした。

kotaro_ufo

なんと今年で3回目!
去年も、一昨年も抽選には当たったのに参加すらできず……。
トレーニングによって獲得した筋力も拘束されている間に落ちるし><

地球外生命体の社会では地球でいう2月が観光シーズン、という種族が多いらしいです。
今年はオダギリ先輩も一緒だったのになぜ僕だけがターゲットにされたんでしょうか。
宇宙人を引き寄せる電波でも出てるのかな?

さて、僕が参加できなかった東京マラソン。
2007年に始まりました。
参加希望者が多いので毎年抽選です。

フルマラソンなので42.195キロメートルの公道コースを走って順位と時間を競います。

この42.195キロメートルという距離は第4回ロンドンオリンピック時の走行距離がそのまま採用されたものです。
それまでは競技距離が一定でなく、大会毎に異なっていたらしいですね。
雑だー(^ω^)

実は最近駅伝にも興味が湧いてきたんです。
リレー形式で走るマラソンという感じでしょうか〜。
駅伝は日本発祥のスポーツなんですよ!

……まあチームメイトが集まらなければ、ただのマラソンなわけです。

初午のお稲荷さんとキツネ

こんにちは、小太郎です!
2月6日、今日は初午(はつうま)。

稲荷神社が初午祭と呼ばれる祭礼を行なうのは711年の初午の日に、伏見稲荷大社に宇迦之御魂(うかのみたま)が降臨されたといわれているから。
だそうですよ〜。

1月7日に七草がゆを食べるように、初午の日はいなり寿司を食べます。
稲荷神社が祀っている稲荷大神様のお使いがキツネとされているからですね。
キツネの好物が油揚げ〜というのは有名な話ですが、由来がちょっとわかりずらーい><

お稲荷さんというのは昔々、インドの神様・茶枳尼天(だきにてん)と習合しました。
茶枳尼天を祀っていた人たちは元々ネズミの揚げ物をお供えにしていたらしいですが、仏教は殺生禁止なのでネズミの揚げ物の代わりに大豆でできた油揚げをお供えするようになったんだとか。

ネズミ揚げ

ネズミの揚げ物ってどんな味がするんだろう?
調べてみたら鶏肉とかカエル肉に近い味、だそうな??
僕はカエルも食べたことないですけど……鶏肉≒カエル≒ネズミ!?
ちょっと美味しそう。

 
初午ではいなり寿司の他にしもつかれを食べる地域もあります。
しもつかれというのは栃木の郷土料理で、どろどろしてて、なんというか、初めて見たときはびっくりしました。
見た目のインパクトが強烈です。

元は、正月に食べ残した新巻の頭と、節分で使った大豆、プラス酒粕、(他に大根、人参、油揚げなど)材料は「残りもの」であり、時期限定の郷土料理でした。
が、最近では年中売ってるみたいです。

楽天でチューブのしもつかれが買えます。

アマゾンでは取り扱いがなかったんです。
な・ぜ。

節分と言えば豆まき!恵方巻!

こんにちは、小太郎です。

2月の行事と言えば節分!
節分と言えば〜豆まき! 恵方巻!
ということで今日は節分の話です。

現在は2月3日だけが行事化されている節分ですが、実は節分って年に4回もあるんですよ〜。
立春、立夏、立秋、立冬、の前日はぜんぶ「節分」。
ね、4回(^ω^)

僕は5年前、だったかな?
オダギリ先輩に頼み込んで豆まきをしたんですけど、掃除しきれなかった豆を拾い食いしてお腹を壊して以来、豆まきをさせてもらえなくなりました。

豆まきというのは祓い清めの行事なんですよ。
穀霊信仰を背景に、豆には霊力があるとされているんです。
もしかして去年、一昨年と節分の日にお腹を壊したのは豆まきしなかったからかもしれないな〜。

稲霊さんと僕

稲霊さんと僕


※穀霊というのは穀物に宿る精霊のこと。稲霊(いなだま)など。

 
最近よく聞く節分の恵方巻。
年神様のいる縁起の良い方角を向いて太巻きを無言でかぶりつくという習慣ですね。
2016年の恵方は丙(南南東)!

丸かぶりなんて絶対に食べにくいと思うんですけど、巻寿司というのは「福を巻き込む」とされていて、縁を切らないために包丁はいれちゃだめなのです。

実はこれ、定着したのは意外と近年なんですよ〜!
起源は愛知とも大阪とも言われていますが、1977年に大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で節分のイベントとして行いマスコミに取り上げられたのが、広まったきっかけらしいです。

僕の読んだ本にはそう書いてありました。