初午のお稲荷さんとキツネ

こんにちは、小太郎です!
2月6日、今日は初午(はつうま)。

稲荷神社が初午祭と呼ばれる祭礼を行なうのは711年の初午の日に、伏見稲荷大社に宇迦之御魂(うかのみたま)が降臨されたといわれているから。
だそうですよ〜。

1月7日に七草がゆを食べるように、初午の日はいなり寿司を食べます。
稲荷神社が祀っている稲荷大神様のお使いがキツネとされているからですね。
キツネの好物が油揚げ〜というのは有名な話ですが、由来がちょっとわかりずらーい><

お稲荷さんというのは昔々、インドの神様・茶枳尼天(だきにてん)と習合しました。
茶枳尼天を祀っていた人たちは元々ネズミの揚げ物をお供えにしていたらしいですが、仏教は殺生禁止なのでネズミの揚げ物の代わりに大豆でできた油揚げをお供えするようになったんだとか。

ネズミ揚げ

ネズミの揚げ物ってどんな味がするんだろう?
調べてみたら鶏肉とかカエル肉に近い味、だそうな??
僕はカエルも食べたことないですけど……鶏肉≒カエル≒ネズミ!?
ちょっと美味しそう。

 
初午ではいなり寿司の他にしもつかれを食べる地域もあります。
しもつかれというのは栃木の郷土料理で、どろどろしてて、なんというか、初めて見たときはびっくりしました。
見た目のインパクトが強烈です。

元は、正月に食べ残した新巻の頭と、節分で使った大豆、プラス酒粕、(他に大根、人参、油揚げなど)材料は「残りもの」であり、時期限定の郷土料理でした。
が、最近では年中売ってるみたいです。

楽天でチューブのしもつかれが買えます。

アマゾンでは取り扱いがなかったんです。
な・ぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です